【高血圧】50代の方に多い症状は?原因について

高血圧

健康を管理していくうえで、とても大事なことに【高血圧】の問題があります。

年齢を重ねていきますと次第に血圧も高くなる傾向にあるのですが、50代くらいからは特に気を付けておきたい事項です。

スポンサーリンク

50代の高血圧の原因は?

高血圧

50代といいますと中高年も過ぎたころの高齢者となる一歩手前で、【生活習慣病】といったものも出やすくなります。

高血圧の原因に暴飲暴食といったことや、喫煙にストレスが挙げられるわけですが、その影響をまともに受けやすい時期とも言えます。

高血圧に多い症状は?

生活習慣病の一つでもある高血圧の主な症状は、慢性的な頭痛やめまい・疲労感がつきまといます。そのことが慢性化してきて、本人が症状を見過ごしていますと生活習慣病は進み、重大な病気としてあらわれるようになるのです。

高血圧

その多くが「心筋梗塞」「脳卒中」「動脈硬化」を引き起こすことになり命の危険にさらされることもあります。

高血圧の予防法は?

高血圧

高血圧の予防法としては、理想とされる数値を維持していくことが大切となります。

そのためには日頃から、自分自身で高血圧の問題に目を向け、家庭用血圧測定器を用意して 朝と夕方にそれぞれ血圧を測定する習慣をつけるとよいです。そして毎日の生活のあり方を見直し、注意する点を改めていくことが高血圧改善に向けての取り組みに役立ちます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加