高血圧の症状とは?治療や予防方法は?

高血圧

高血圧のうち、原因となる病気がはっきりしているものを【二次性高血圧】といい、原因がわかっていないものを【本態性高血圧】と言います。

「全体の9割は、本態性高血圧である」といわれており、これといった原因がはっきりしません。

スポンサーリンク

高血圧の症状について

高血圧

高血圧の症状としては頭痛、肩こり、眩暈、耳鳴りなどがあります。激しい動機やむくみが出る人もいます。反面、まったく自覚症状がないという人も少なくありません。

主な症状も高血圧特有のものではないため、症状だけを見て見つけることはできません。そのため、常日頃から自分の血圧に気を配り、定期的に計測することが大切です。

高血圧

自覚症状がなくとも、高血圧は放置すると、動脈硬化や虚血性心疾患、脳卒中の発作を引き起こすおそれがあります。健康診断等で注意を受けた場合は、放置せず早めに医療機関に相談した方が良いでしょう。

高血圧の治療法とは?

高血圧

生活習慣の見直しだけで不十分な場合は、降圧剤を用いた薬物療法高血圧の治療として取り入れる方法もあります。ただし薬だけを飲んでいればいいという訳ではなく、生活習慣の改善も引き続き行います。

場合によっては、医師から【生活習慣修正の指導】を受けることもあります。

高血圧の予防方法は?

高血圧

高血圧の予防方法としては、まず日ごろの生活習慣に気を付けることが大切です。

「塩分を控える」「有酸素運動を行う」「お酒の量を減らす」など、自分に合った方法を予防として取り入れることが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加