【注意】血圧の下が高い原因は?下げる方法を紹介

下の血圧

血圧には「拡張期血圧」と「収縮期血圧」があります。ちなみに上が140、下が90以上であれば【高すぎる】ということになります。

血圧は上が高いと不安になりますが、下の値が高い場合も注意が必要になります。上の値は正常なのに下の値だけが高い、なんてことも。では血圧の下が高い場合、体には一体どんな症状が現れるのでしょうか?

血圧の下が高い原因、下げる方法があるのか、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

血圧の下が高い原因は?

高血圧

血圧の下が高い原因としては、血液を全身に送り出してから次に送り出す血液を心臓に蓄えてる時に、血管内壁が受けている圧力が高いことを意味しています。

高いままだと動脈に負担がかかり動脈硬化が進みます。そうなると血液を送り出すには大きな圧力が必要となり、さらに動脈はダメージをうけ動脈硬化が進行します。

そして最後は【心筋梗塞】や【脳卒中】を引き起こすことになります。そのため適正範囲内に下げることが必要です。また、他の原因として 肥満、仕事、睡眠時間、ストレスなどが考えられます。

血圧の下が高い時に出る症状は?

血圧 症状

血圧の下が高い場合、「頭痛」「頭が重い」「めまい」のような症状が出ます。頭痛は不快な気持になり早く解放されたい!という方も多いのではないでしょうか。

軽い症状であれば規則正しい生活をすることで解消することもあるので、最近頭が重だるい、痛みが頻発にあるといった症状が気になるという方は一度血圧を測ってみましょう。

血圧が高いとどうなるの?

血圧が高い

そもそも血圧が高いといっても突発的な場合もあります。例えば病院で測る時は緊張して高くなる場合があります。運動をした後なども高くなりますね。自分が高血圧がどうかは定期的に測り続けることが大切です。

健康診断でも血圧が高いと引っかかったりしますが、血圧が高いと体は一体どうなってしまうんでしょうか?慢性的に血圧が高い場合、脳や心臓といった体の大切な臓器に悪影響が出てきます。

【脳への影響】
脳の血管は血圧の変化の影響を受けやすく、高血圧によって血管が破れると脳出血になります。また動脈硬化が進むと脳梗塞の恐れが出てきます。最悪の場合は死に至ることもありますが、多くの場合は不全麻痺や半身不随になってしまいます。最近の研究では、微小な血管の詰まりが多発的に脳梗塞を起こすことが注目されています。この場合怖いのはほとんどが無症状ということです。

【心臓への影響】
高血圧は心臓に負担がかかります。まず心臓が肥大し、さらに進行するとポンプ機能の働きが悪くなります。いわゆる心不全ですね。呼吸困難や下肢のむくみといった症状が現れ、冠動脈の動脈硬化に進行していきます。心臓の動脈硬化は狭心症や心筋梗塞の原因となります。

【その他への影響】
腎臓にも影響が出てきます。腎臓の細い血管が狭くなり、腎硬化症になります。こうなると腎臓の働きが落ち、悪化すれば腎不全を起こします。

他にも眼球にも影響を及ぼします。眼底にある細い血管から出血を起こし視力の低下を引き起こします。度々血圧で引っかかることがあるようであれば日頃から定期的に測り食生活や生活習慣を見直しましょう。たかが高血圧と侮ってはいけませんよ。

60代に多い高血圧の原因と症状とは?

60代 高血圧

近年の増加傾向なのが、60代から高血圧を発症するケースです。その主な原因は【加齢による血管の動脈硬化】といわれています。特徴としては、下の血圧は正常なのに上の血圧が高いという症状がでます。

治療は上だけを下げるといったことは出来ません。通常の高血圧の治療になります。まずは食生活を見直して適度な運動も取り入れましょう。

血圧を下げる方法について

高血圧の予防法

高血圧の原因には塩分の摂りすぎが原因であると考えられています。そのため下げる方法として減塩が有効です。

塩分を摂りすぎると血液内の塩分が上昇し、これを調整して薄めようとするため血液中の水分が増えます。血液の量が増えるため、血管内の圧力があがります。

また仕事などで感じるストレスは交感神経を活性化させます。すると興奮物質であるアドレナリンやノルアドレナリンが大量に放出され、心拍数が増えます。

高血圧

また心拍出量、すなわち心臓が1回の鼓動で送り出す血液の量も増えます。心臓から送り出される血液量が増えるだけではありません。血管は収縮するため、血管の抵抗は増えます。これでは当然血圧は上がります。ほかにも、肥満になるだけで循環血液が増え、血圧も上がってしまいます。

血圧を下げる方法として「薬を使うのだけは絶対に嫌!」というのであれば、水分とカリウムの摂取が効果的です。尿と一緒に塩分が排出されるため血圧を下げる効果があります。

また、血液をさらさらにする根菜や海藻類も効果的なので、試してみてくださいね。

血圧を下げる食べ物はこちら

血圧を下げる

毎日の食生活でも血圧を下げてくれる食材を取り入れると効果的です♪その食べ物は、

・卵
・大豆製品
・牛乳
・魚
・ナス
・ブルーベリー
・トマト
・にんじん
・イカ
・さけや鯛の皮
・りんご
・バナナ
・ほうれん草
・アボカド
・パセリ

などです。ぜひ、積極的に取り入れてみてくださいね♪

血圧を下げる飲み物や治療法は?

血圧を下げる飲み物

血圧を下げるために効果があると言われている飲み物は何と「牛乳」なんです!

血圧を下げるには血管の弾力性を上げることが大切になります。血液をさらさらにし全身に流す必要があるんですね。そこで必要なのが良質なたんぱく質になります。牛乳はたんぱく質が豊富ですし、栄養もばっちり!牛乳なら忙しい朝でも手軽に取り入れることが出来ますね。

「もっと手軽に!」という方は、いつもより水分を多めに摂りましょう。水分をたくさん摂取することで血液の流れが良くなります。血圧を下げる=血液をさらさらにしておくということが大切なんですね!

それでも下がらないという場合、サプリメントを取り入れたり病院で相談してみましょう。そのまま放置しておくと動脈硬化や心筋梗塞といった病気になりやすいので自分に合った改善法を見つけてくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加