高齢者の高血圧の特徴とは? 原因・症状・治療法を紹介

高血圧

高血圧の患者の割合を年代別に見てみると、30代から約10%増えていることが事実です。

ここでは、高齢者の高血圧の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

高齢者の高血圧の原因は?

高血圧

高齢者の高血圧の原因としては、

◆老化により、血管の弾力性が低下していき、血流の流れが悪くなったり自律神経の働きも低下して血管の収縮や拡張がうまくできない
◆血圧が高いのに脳を流れる血液が減少しやすい
◆他の病気と併発しやすい

などが挙げられます。

ストレスも高血圧になる原因!?

高血圧

高齢者になると高血圧になる割合がとても高いので、さまざまな治療法があるなか、ストレスを抱えずに日常から平穏な気持ちで生活することもとても効果が期待できます。

イライラ、怒ることによる脳卒中の危険もあります。

テレビを見たり、買い物、読書など好きなことをして意識的に気分転換を図る事も高血圧には効果があるので、気になる方は ぜひやってみてください。

高血圧と併発しやすい病気は?

高血圧

高血圧は色々な病気と併発しやすいことで有名です。

◆動脈硬化
◆脳梗塞
◆心臓病

◆めまい
◆立ちくらみ
◆だるさ

も高血圧での併発かもしれません。異常を感じたら、検査を受けてみるのもオススメです。

高血圧の治療法について

高血圧

高血圧の治療法として、生活指導を優先にする医師が多く、食事や運動で高齢者に負担のない程度で指導を行います。

生活指導の例としては、
◆家庭で定期的に血圧を測定する
◆血圧の記録を医師に見せる
◆血圧と血糖値の両方をコントロールする
◆寒いところなど体に負担のかかる所は温める
◆定期的(1~2時間おき)に水分補給を行うようにする。

など、さまざまな治療法があります。

高血圧

夜寝る前と朝起きて水分を取る、朝起きてからトイレに行った後に安静状態で血圧の測定をする。その際に、ゆっくり手足を伸ばして体をほぐしたり激しくない適度なストレッチで からだの準備の整えましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加