更年期の高血圧の対策! 食べ物や運動のオススメはこれ

高血圧

年齢を重ねるにつれて、健康には気を使いたいものです。特に、生活習慣が関係している【高血圧】に関しては、テレビや新聞などで 何度も特集がされているので 気になりますよね。

ここでは、更年期の高血圧の対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

危険な「仮面高血圧」とは?

仮面高血圧

高血圧にならない為に普段から気を付けている人も多いと思いますが、今回は危険な仮面高血圧についてお話します。

仮面高血圧とは自宅で測る血圧と病院や健康診断で測る血圧が違う事を言います。病院では正常値だったので問題なかったのに、家で測ると高血圧の値を示す場合ありませんか?それが「仮面高血圧」という物なんです。

早朝高血圧

仮面高血圧には3種類あって、「夜間高血圧」「早朝高血圧」「昼間高血圧」とあります。高齢による動脈硬化だったり、ストレスそれぞれ考えられる原因は様々ですが今回気をつけて欲しいのは、「早朝高血圧」です。この「朝」というのが危険なんです。

人間の体は起きた時に自律神経が副交感神経から交感神経へと切り替わるのですが早朝高血圧の人はこの時急激に血圧が上がってしまいます。心筋梗塞や脳卒中は6時から10時に起きやすいと言われているので、早朝高血圧の人もこの問題に大きく関わってきてしまいます。

これらの事を防ぐ為に、ご自身で毎朝決められた時間に血圧を測定する事をおすすめします。早朝高血圧の疑いがある場合や気になる場合は早めに病院に行き、定期的にみてもらいましょう。

夜間高血圧と昼間高血圧で気をつけたい点はこれ

夜間高血圧

人は寝ている時に体のスイッチがリラックスモードに入る為に血圧も低い状態になります。そして起床時には血圧を上げるホルモンが分泌されるので体は活発モードになる…これが人間の体の作りです。

しかし、夜中に下がるはずの血圧が下がらない状態になる人がいます。睡眠時無呼吸症候群の人はこのような事が起こりがちです。数分間呼吸が止まってしまうので体が常に休む事が出来ず、血圧も下がらない事が多くなります。

この他にも心不全、脳梗塞、糖尿病など原因はたくさんあります。体に異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

血圧 測定

また、夜間に血圧が下がらない人は昼間も高血圧である事が多く、一日中高血圧になってしまいます。心臓に大きな負担をかける事になります。普段から血圧を気にして毎日決まった時間に測定し、早めの対策を心掛けましょう。夜間高血圧はその原因になっている疾患を改善すれば治ります。

昼間高血圧の人はストレスが大きく関係してきます。昼間の決まった時間に測定すると高血圧を示します。精神的・身体的な事が原因で、別名「職場高血圧」なんて呼ばれ方もします。

肥満や高血圧家族歴がある人に多くでます。リラックスした気持ちで規則的に血圧を測り高血圧を未然に防ぎましょう。

更年期の高血圧について

更年期の高血圧

女性の更年期(40代後半から50代前半)には卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌量が減少するため、ホルモンバランスが崩れ、その影響で自律神経の働きが不安定になります。

自律神経は血管(動脈)の収縮と拡張を自動調節して血圧の安定を維持しているので、自律神経に乱れが生じると高血圧になってしまうのです。

更年期 高血圧

このような更年期によるホルモンバランスの変化によって生じる高血圧は「更年期高血圧」とも呼ばれ、放置しておくと動脈硬化を進行させて脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めるので、早めに食べ物や運動で対策しましょう。

食べ物で更年期高血圧を改善するなら…

更年期高血圧

更年期高血圧では、ホルモンバランスを整えることが重要なので、体内でエストロゲンのように機能してエストロゲンの減少を補う大豆イソフラボンが豊富な大豆食品、更年期のイライラやストレスを緩和して自律神経の安定に貢献するGABA(ギャバ)が豊富な発芽玄米などを積極的に食べることが有効な対策となります。

また、青魚に含まれるDHA・EPAには血液を滑らかにする働きがあり、血流をスムーズにして血圧の急上昇を防ぐ効果が期待できるので、更年期の高血圧対策に効果的です。

運動も高血圧改善に効果的!

高血圧 運動

一方、適度な運動をすると、ストレスの発散効果や血流をよくして血管にかかる負荷を軽減する効果が期待できるので、ウォーキングや軽めのジョギング、ヨガといった無理なく続けられる運動を1日30分以上行なうのも効果的な高血圧対策です。

仕事や家事などで忙しいときには、普段の買い物に車を使わずに自転車を使用したり、エスカレーターを使わずに階段を利用したりするなど、日常生活の中で運動量を増やせるように工夫しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする