高血圧で汗かきになる原因は? 対処法はこれ!

高血圧 汗

血圧が高い人の中には、 汗を大量にかく症状を自覚している人が多くいます。

「高血圧と汗の関係とは?」「汗が止まらないときはどうする?」…そんな疑問をばっちり解決できる高血圧で汗かきになる原因や対処法をご紹介しています。

スポンサーリンク

高血圧で汗かきになる原因は?

高血圧 汗

汗かきは、高血圧からではなく、褐色細胞腫や甲状腺からくる病気のことがあるそうです。どちらとも、あまり聞きなれない病気ですよね。特に発汗過多の症状が現れている場合は、泌尿器科や甲状腺外来などがある専門機関を受診してみると良いかも知れません。

◆褐色細胞腫とは

副腎髄質や傍神経節に腫瘍ができる病気です。その病気になると、血圧を上昇させる「カテコールアミン」といホルモンが過剰に分泌されてしまいます。発汗過多、どうき、めまい、嘔吐、頭痛などの症状が出てきます。

◆甲状腺からくる病気とは

この病気は、甲状腺ホルモンの異常によるものです。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう甲状腺機能亢進症、逆に甲状腺ホルモンの分泌が不足してしまう甲状腺機能低下症、甲状腺がん、単純性甲状腺腫などの総称を甲状腺からくる病気としています。

特に、バセドー病と呼ばれる甲状腺機能亢進症は血圧の上昇と大きく関わっています。症状は、代謝異常から発汗過多になり血圧が上昇してしまいます。他の症状は、動悸、頻脈、眼球突出が見られます。

甲状腺機能亢進症は、体の大きな異常としてわかり辛いため、本人も最近の疲れやすさを感じて年齢のせいにしたりしてしまったり、他人からも怠け者や精神疾患ではないかと誤解されてしまうこともあるようです。

血圧が体内で急に上昇すると、人間の体は汗をかきます。しかし高血圧と、汗をかくという直接的な関わりというのは、実は現段階ではないとされています。高血圧で発汗の症状が気になるというよりも、もっとほかの病気が関わっているようです。早速見ていきましょう。

汗をかく症状の対処法とは?

高血圧 汗

汗をかく原因を知ることで、適切な対処法も検討がつきます。特に高血圧をもつ中高年層などは、【更年期障害】【肥満】【糖尿病】といったものが、突発的な大量の発汗の要因となりやすいです。ですから対処法としては、そういった肥満や糖尿病を治療して改善することにあります。

高血圧の自覚のある人は、汗をたくさんかきすぎると、体内の血液がドロドロとなり、それが余計に症状を助長します。体の中ではとても良くない状態になるため、こまめな【水分補給】をするようにしましょう。

水分補給の注意点はコレ!

高血圧 汗

汗をかいた時の対処法として【水分補給】をオススメしましたが、「飲むことができれば何でも良い」というわけではありません。砂糖がたくさん入ったジュースとか、コーヒーなどでは、体や血液にも良くはありません。飲み物ではミネラルウォーターが最も望ましいです。

ドロドロの血液になりやすいものとして、塩分を多く摂取しすぎることもあります。ですから、過剰な塩分や糖分の摂取は、健康のためにも控える必要があります。
ミネラルウォーターを常備しておいて、喉が渇いたら飲むようにするといいですよ。

根幹から改善!高血圧の治療方法はこちら

高血圧の治療方法

高血圧の治療も、症状によって違っています。

◆低リスク患者
最高血圧が140~159mmHg、最低血圧が90~99mmHg
生活習慣の改善を中心とした治療から始めます。しかし生活習慣の改善を3か月連続して行っても、血圧が140/90mmHg未満に下がらない場合には、くすりによる治療があわせて行うようになります。

◆中等リスク患者
最高血圧が160~179mmHg、最低血圧が100~109mmHg
まず、生活習慣の改善を中心に取り組み始めます。しかし低リスク患者の治療法より早く、生活習慣の改善を始めて1か月後に140/90mmHg未満に下がらない場合には、降圧薬治療をあわせて行っていきます。

◆高リスク患者と重症血圧患者
最高血圧が180mmHg、最低血圧が110mmHg
高い血圧のまま放置すると重大な病気を引き起こし危険なため、治療は、すぐに生活習慣の改善とくすりによる療法を同時に開始します。

生活習慣の改善とは、高血圧治療ガイドラインによる以下の生活習慣の見直しを推奨しています。

◆減塩
6g/日 未満

◆野菜と果物
野菜と果物を積極的に取る

◆脂質
コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を抑える、青魚(魚油)を積極的に取る

◆減量
BMI=体重kg÷(身長m×身長m)の結果が25未満

◆運動
心臓や血管の病気のない高血圧患者が対象で、定期的にまたは、毎日30分以上を目標に中等度の有酸素運動を行う

◆節酒
男性は20~30ml/日以下、女性は10~20ml/以下の節酒をする(エタノールの場合)

◆禁煙
本人の喫煙はもちろん、受動喫煙も含まれます。


汗かきには、体質や生活習慣からくる高血圧だけではなく、褐色細胞腫や甲状腺からくる病気があることはあまり知られてないですよね。

また、高血圧の改善はやはり生活習慣の見直しが重要のようです。生活習慣の見直しで、重大な病気を未然に防げるのであれば、がんばって取り組んでいきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加