急な高血圧の原因や症状、対処法はコレ!

高血圧

なんの前触れもなく、急に高血圧になってしまうということがあります。

ここでは、急な高血圧の原因や症状、対処法をご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

急な高血圧の原因は?

高血圧の原因

急な高血圧の原因として考えられるのは、【測り方の変化】と【ストレス】です。

寒い部屋で血圧を測った場合は、普段よりも高い値になることがあるので、暖かい状態で測りなおしてみてください。暖かい部屋などで測りなおして普段の血圧に戻った場合は、特に心配する必要はありません。

これ以外の場合は、ストレスによる生活環境の変化の可能性が高いです。結婚して子供が生まれた、仕事がうまくいかない、友達や家族と喧嘩をしてしまったなどのストレスによって急な高血圧は引き起こされます。

高血圧の症状について

高血圧による症状は手足のしびれや頭痛などが多いですが、これといった症状が見られずに急な高血圧になることもあります。放置すると 別の病気を併発してしまうこともあるので、早めに病院で検査を受けると良いでしょう。

高血圧

薬を飲んでも血圧が下がらない理由は?

高血圧の薬

高血圧の治療で多いのが投薬治療だと思います。しかし薬をきちんと飲んでいるにも関わらず、肝心な血圧が下がらない。そのような方も多々いらっしゃるようです。一体何故なんでしょうか?考えられる理由をいくつかまとめてみました。

・原因が特殊または治療抵抗性のある高血圧の場合、通常量の薬では足りない。
・薬の種類が合っていない。
・自身で血圧を測る時、間違った測り方をしている。
・自宅で血圧を測る時に不安感が出てしまい数値が高くなっている。
・病院で測る時に不安感が出てしまい数値が高くなっている。

上記の理由で血圧の数値が下がらないケースもあるようです。頑張って投薬治療や食事療法をしていても、数値が下がらないと不安になってしまいますね。そんな時は一人で悩まずに一度主治医の先生に相談してみましょう。

スポンサーリンク


薬の選び方や副作用について

薬の選び方

基本的に投薬は主治医の裁量によります。投薬治療を続ける上で不安に思うことがあれば、薬を変更したり量を調整したりと対応してもらいましょう。何かあればすぐに相談してください。

降圧薬は組み合わせて服用すると相乗効果で良く効く場合があります。またその逆もしかり。もし投薬量や薬の種類が合っておらず、血圧の数値が下がらない場合は自分に合う組み合わせを少しずつ試すといいかもしれませんね。

また、患者さんの持病の有る無しでも変わってきます。病気や薬にも相性があるんですよ。ですので持病がある場合は副作用に十分慎重に対応していく方がいいですね。

高血圧の対処法&予防法はコチラ!

高血圧

ストレスが原因となって引き起こされているので、予防法や対処法としては【ストレスを解消すること】が挙げられます。育児の悩みなどがある場合は、家族に協力してもらって負担を軽減したりすることが大切になります。

また、【適度な運動】も対処法のひとつです。体を動かすことによって、ストレスを軽減することができますし、代謝も良くなるので正常な血圧に戻る手助けをしてくれます。激しい運動は、血圧をさらに上げる可能性があるので、気をつけて下さいね。

【食生活の改善】も高血圧の対処法のひとつになります。血圧を上げる原因となる肉などの脂ものをなるべく避けて、野菜や果物などのヘルシーなものを食べることで、血圧を下げることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする