【高血圧】 高齢者に多い症状は?原因について

高血圧

高齢者は年齢を重ねるごとに血管が細くなっていき、そのために高血圧になる確率が次第に高くなります。それは、60歳代で約60%以上、70歳であれば約70%以上とも言われています。

ここでは、高齢者に多い高血圧の症状や原因についてご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

高齢者に多い高血圧の症状は?

高血圧を治療せずに放置をした場合には、心臓や動脈に大きな負担をかけることになり、そのために合併症を発症する可能性が高くなります。

高血圧

まず、1つ目の症状としては、【脳卒中】があります。脳卒中は脳血管障害とも呼ばれ、脳の血管が詰まったり、脳の血管が破れることによって出血をする病気のことをいいます。

次に、症状としては【狭心症】があります。狭心症は心臓の血管である冠動脈の血液の流れる空間が狭くなってしまう病気のことをいい、心筋への血液の流れが一時的に不足してしまうために激しい胸の痛みの症状が現れます。

高血圧の原因について

高血圧

高血圧は、放置をすることによって様々な病気を引き起こす合併症の原因になりますが、その大きな原因としては動脈硬化をあげることができます。動脈硬化は、動脈の壁が傷ついて、どんどん硬くなり、弾力を失うことによって進行していきます。

特に高齢者の場合には動脈硬化になる確率が高く、そのために血圧を上げなければ十分な血液を全身にいきわたらせることができなくなり、高血圧の症状となる様々な病気にかかってしまうことになります。

高血圧の予防・対策はコレ!

高血圧

高齢者の高血圧では、生活スタイルが原因で合併症からくる病気になってしまう場合があり、それは、【食生活】や【ストレス】なども大きく関係をしています。

特に血圧を安定した生活を行うことが大切となり、いきむような動作を控えることによっても予防をすることができます。高血圧が気になる方は、生活習慣を見直してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加