【高血圧】 60代の方に多い症状は?原因について

高血圧

高血圧の数値は、血液の流れる際の血管の収縮の差、血管に多く血が流れる時の拡張した状態の値と血管に血の流れが少ない時の収縮した際の値の差の状況を表しています。この格差が小さいほど収縮の幅が小さいので、血管が固くなっていることになります。

ここでは、60代の方に多い高血圧の原因や症状についてご紹介します。

スポンサーリンク

60代の高血圧について

高血圧

高血圧の数値を知ることで【動脈硬化】が進んでいる状態がわかり、それだけ収縮をしない中で高い圧力で血が流れていることがわかります。

この固くなった血管ままで過ごすと血の流れが悪くなり、臓器不全を起こすと考えれています。

60代の高血圧の原因について

高血圧

60代にもなると加齢による血管の老化が進み、これが原因で高血圧になる方が多いです。それだけでなく、加齢+若年からの生活習慣の乱れから起こることもあるといわれています。

60代から健康障害の事態を作らないためにも、早くからの生活習慣対策は必要です。

生活習慣の改善ポイントは?

高血圧

生活習慣での原因として、塩分の取り過ぎがあげられます。過剰に塩分をとると血管を収縮させるため、さらに血管に高い圧がかかり、高血圧になるという悪循環に陥ります。

適度な血中のナトリウムの状態を保つことが大切ですので、ナトリウムとの相性がいいカリウムの摂取で体外排出を促すことも食生活の中で取り入れていくといいです。

高血圧の予防や対策はこれ!

高血圧

60代にもなる大抵は、運動不足になり、これが原因での高血圧もあるといわれています。食事の栄養バランスと合わせて、適度な運動をするようにしましょう。

一番体に負担をかけないのは、通勤時の一駅手前で下車しての早歩きが膝に負担をかけずいいとされています。単純に歩くこともいいですが、少し汗をかいて血中のナトリウムを排出するぐらいのものがいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする