【高血圧】40代の方に多い症状は?原因について

高血圧

日本人の死因には代表的なものとして、がんや心臓病、また脳卒中を上げることができますが、高血圧に関しても大きな問題として取り上げらています。

特に40代上においては2~3人に1人が高血圧とされており、その原因としては様々な要因が考えられます。

スポンサーリンク

40代の高血圧の原因は?

高血圧

日本人は塩分を取過ぎだとも言われており、コレステロールの多い食事が増えてきたことも原因としては知られています。また、40代ともなると、職場や家庭においても様々な気苦労があり、そこでのストレス40代の高血圧の原因として指摘されています。

高血圧は放っておくと、重大な病気を引き起こす可能性があり、十分に注意をしなければなりません。

高血圧の症状について

高血圧

高血圧の症状には個々人で症状にも違いがある場合もありますが、おおむね、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、息切れなどがあり、通常の生活でも頭痛や肩こりなど、ひんぱんに起こるような場合には高血圧を疑う必要があります。

高血圧の症状が進んだ場合には、動悸、呼吸困難、胸痛、むくみ、夜中に何度もトイレに行く、足の痛み、しびれなどの自覚症状が出てきます。

万が一、重篤になった場合には動脈硬化脳梗塞や心筋梗塞などにつながる場合もあるため、症状に心配があるような場合には速やかに医療施設による検査が必要となります。

高血圧の対処法は?

高血圧

高血圧の対処法としては、血圧を上げない生活をすることはもちろんですが、定期的に血圧を測定することで、自分の状態を確認することも大事なこととなります。

食生活や適度な運動も高血圧の対処法や予防法になりますので、ぜひ生活に取り入れてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする