【高血圧】 朝高い理由とは? 頭痛や吐き気の対処法について

高血圧

通常の血圧は、寝ている時は低く朝方から午前中にかけてゆっくり上昇していきます。しかし、高血圧を患っている人中で朝血圧が高くなってしまう人もいます。

このような高血圧の人のことを「早朝高血圧」と呼び、朝の脳卒中や心筋梗塞、狭心症発作などに注意が必要です。ここでは、高血圧で朝高い理由や頭痛・吐き気の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

朝、血圧が高い理由とは?

血圧が高い

このような朝に血圧が高くなる理由としては、「立ち上がると血圧が高くなってしまう」「動脈硬化の進行」「血圧を下げる薬が効く時間が短い」「朝が冷え込んでいる」「精神的なストレスによるもの」や「閉塞性無呼吸症候群である」などの理由が上げられます。

また、自律神経のバランスが変わることも早朝高血圧の原因と言われています。自律神経は体のさまざまな働きをコントロールしているのですが、このバランスが乱れると血圧にも影響を及ぼしてしまいます。

朝血圧が高くなる理由があるため、朝に運動を行うとそれだけ病気のリスクが高くなるので、高血圧対処法のつもりで行っていた朝の運動の最中に病気が起こることもあります。

メタボリックシンドロ-ムと早朝高血圧の関係

メタボリックシンドロ-ムの症状

血圧が上がるときというのは交感神経が活発になっている状態なのですが、この交感神経の働きが活発になる原因に「メタボリックシンドローム」があります。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が溜まり、睡眠時無呼吸症候群との関連もあります。また、内臓脂肪は交感神経を活性化させる物質を分泌し、早朝高血圧症を引き起こす原因にもなります。

メタボリックシンドロームは過食やストレス、運動不足などによってなるとされているので、日々の生活習慣を見直し、食事や適度な運動を取り入れるようにして解消していきましょう。


スポンサーリンク


頭痛や吐き気の対処法について

吐き気の対処法

高血圧に対する対処法としては、「夜寝る前に降圧剤を飲むようにする」「24時間や48時間など長い効果のある薬に変える」などが効果的です。

また、朝起きてすぐに活動せずに布団の中で大きく深呼吸をして ゆっくりと動き出すことや、起床時にコップ一杯の水を飲んで水分補給を行うことも 血液の流れを良くために重要です♪

高血圧の予防法は?

高血圧の予防法

高血圧の予防法としては、朝と夜に血圧をチェックして自分の血圧の状況を把握しておく、ストレスを減らす、糖尿病や無呼吸症候群などのほかの疾患が関係していないか検査を行うなども重要となります。

食塩のとり過ぎも血圧を上げる原因となってしまうため、香辛料や薬味を使って塩分を控えましょう。

血圧というのは早朝に体を活動させようと上がるものなのですが、もともと高血圧の人の場合は早朝高血圧になるとさらに血圧が上がってしまうため、脳血管疾患や心筋梗塞といった命に関わる病気を発症する危険が高まります。

早めに対処や予防、治療をしていくようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする