妊娠中の高血圧の対策は? 原因・症状・治療法も紹介!

妊娠中の高血圧

妊娠中は体は大きく変化しますが、妊娠20週から出産後12週までの期間、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上であったり、血圧の高さに加えて1日量が30mg/dl以上の尿蛋白が出る場合、妊娠高血圧症という病気と診断されます。

多くは妊娠8ヶ月以降の妊娠後期に発症することが多く、重度の場合は、母子ともに命に関わる恐れがあります。ここでは、妊娠中の高血圧についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の高血圧の原因は?

妊娠中の高血圧

妊娠中に高血圧になる原因は、未だはっきりわかっていませんが、次の条件に当てはまる方が発症しやすいと言われています。

◆35歳以上の初産
◆肥満や肥満気味である
◆感染症や糖尿病、腎臓病にかかっている
◆初産婦や過去に妊娠高血圧症候群になったことがある
◆多胎妊娠
◆妊娠前から血圧が高い
◆ストレスが多い

妊娠高血圧症候群の症状について

妊娠中の高血圧

妊娠高血圧症候群になると、頭痛やめまい、倦怠感などが起こったり、徐々に血圧が上がって尿蛋白が出るようになります。

重症化すると、痙攣が起こったり ショック状態になったり、胎盤が分娩前に子宮壁から剥離する【常位胎盤早期剥離】になり 大量出血が起こったりします。

妊娠中の高血圧の対策はコレ!

妊娠中の高血圧

妊娠高血圧症候群になってしまった場合の対策は、主に食事療法が行われます。重度の場合は入院して食事管理をすることもあります。特に塩分摂取は一日8gまでにして、食事はBMI値に合ったカロリーの食事を3回に分けて摂取します。

食事療法で改善しない場合は、薬物治療も行われますが、治療に使用される医薬品は妊婦には禁忌薬であるものが多く、最終手段として使用されます。

妊娠高血圧症候群にならないための対策として、「妊娠中はストレスをためない」「塩分の摂取量に気をつける」「栄養バランスの良い食事を摂る」「適度な運動」「十分な睡眠をとる」といった対策が大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする