高血圧を下げる手のツボとは? 金スマでも紹介!!

高血圧 ツボ

人の身体というのは、全身の臓器に新鮮な血液を送るため 血管が適度な力をかけて血液を押し出しています。ですが、生活習慣の乱れやストレスなどの原因が積み重なることで、血管が必要以上の力をかけてしまい 高血圧になります。

ここでは、金スマで紹介された高血圧を下げる手のツボをご紹介します!!

スポンサーリンク

高血圧の原因について

高血圧の原因

適度以上の力が常にかかることで 柔らかい形状で出来ている血管が固くなってしまい、柔軟性を失ったまま 圧力がかかり続けるので 高血圧になったり血管が破れたりします。

しかし高血圧が暴飲暴食が原因で増えているのも事実ですが、40歳以上の年代の場合、血管の再生力が失われることで普通の食事をしていても血糖値が上がり高血圧と変わらない状態になってしまうことがあります。

金スマ流!高血圧を下げる手のツボとは?

高血圧を下げる

高血圧は特有の症状がないため気が付かない人がほとんどです。定期的に病院に通っている人は病院で血圧を計りますが、病院に通ってない人は血圧なんて計らないので自分がどのくらいの血圧なのかなんてわからないですよね。自覚症状がないまま進行して、動脈硬化や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす可能性だってあります。

高血圧になったときに薬などの頼らない方法としてあるのが、金曜日に放送されている金スマで紹介された血圧を下げるツボを押すことです。

手のツボ

金スマで紹介された血圧を下げるツボとは、手の親指と人差指の間にある【合谷】と呼ばれるツボです。このツボは本来 腰痛予防に効果があるとされているツボなのですが、このツボが血圧を下げるツボとしても効果があります。

風池のツボ

また、頭の後ろ側で、頭を支える2本の太い筋肉がある生え際周辺で天柱のツボから外側に1センチほど行ったところに位置している【風池】も高血圧を下げることに効果的です。頭の後ろの大きくへこんでいる場所です。血圧を下げるだけでなく、体の中につまった熱を外に出す働きがあり、咳、頭痛などの風邪の症状にも効果的です。頭痛が和らぐので高血圧の人におすすめのツボです。このツボを指圧で数秒押してみましょう。

高血圧と腰痛の共通点は?

高血圧 腰痛

金スマで紹介された際も、手のツボ【合谷】は腰痛にも効果があると言っていたのですが、そもそも 腰痛と高血圧の共通点とは何なのでしょうか?正解は、『血管が健全に動ける温度が下がってしまうこと』です。

そこで、合谷を親指で3秒ほど押して放すといったことを繰り返すと血流が促進されることになるため高血圧を下げることになります。しかしツボを押すだけでは一時的に効果を上げるだけなので、このツボを押しつつ運動や食事療法などのバランスを整えることが大事です。

高血圧改善に一番効果的なのは、食事の見直し!

高血圧 食事

血圧を上げる原因は食塩の摂りすぎ、肥満、ストレス…など多数あります。これらに注意して生活していけば高血圧も防げるかもしれません。高血圧の方に適している食事法は、エネルギーや食塩の過剰摂取に注意して栄養バランスのとれた食事をする事です。

①栄養バランスを考えて3食規則正しく食べる
②食塩を減らす
③動物性脂肪は控える
④アルコールは医師に相談し、控えめにする


★高血圧に効果的な食べ物★
麦茶、春菊、リンゴ、魚類、昆布、スイカ、メロン、きゅうり、ナス、納豆、豆腐、、玉ねぎ

上記の食べ物は高血圧予防に効果を発揮します。まずは、生活習慣を見直し規則正しく生活し、バランスのよい食事をとりましょう。血圧がサラサラになって高血圧の悩みもなくなるかもしれませんよ♩

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加