【高血圧】 鼻血や頭痛などの症状や対処法とは?

高血圧

高血圧になると、頭痛や鼻血の症状が出ることがあります。

ここでは、高血圧による鼻血や頭痛などの症状や対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

高血圧の症状について

高血圧

代表的な高血圧の症状には、これらがあげられます。

◆肩こり
◆のぼせ
◆耳鳴り
◆後頭部の痛み
◆めまい
◆手足のしびれ

続きでは、これらの症状の中でも 【頭痛】と【鼻血】にスポットを当て、症状や対処法をご紹介していきます。

高血圧による頭痛の対処法は?

頭痛 高血圧

頭痛にはストレスが原因で起こる場合と、高血圧で出ることがあります。
一般的に何かの要因で脳の血管が拡張して、神経を刺激することで起きると言われていて、高血圧が原因の場合は、脳の血管は拡張されません。

脳には血流を正常にコントロールするシステムがあり、脳の血管が拡張されないのに頭痛が起きるときには動脈硬化などの異変が起きている可能性が高いです。

どちらの症状で起きているかを見分けるのは難しいですが、高血圧の症状の一つなので、もし血圧が高いときに頭が痛み出したら 出来る限り早めに病院を受診した方がよいでしょう。

高血圧が原因の鼻血の症状とは?

高血圧 鼻血

鼻血にも様々な原因があり、主に2つの種類があります。

【単純鼻出血】と言われるものは、キーゼルバッハという鼻の入り口付近の粘膜が傷つくと起きます。【動脈性出血】は、高血圧症や動脈硬化症、白血病など疾患によって起こります。鼻からだけでなく歯茎や、脳出血を起こすこともあり、出血が激しく止まらないのが特徴です。

高血圧症の鼻血は、鼻腔の後ろの太い血管の血管壁などが動脈硬化で傷むことで起こります。出血量が多く口から溢れるほど激しく出血することもあるので、すぐ病院に行きましょう。

単純出血か、動脈出血かの判断は難しいですが、出血が15分以上止まらないときや、高血圧の症状があるときには、かかりつけ医や耳鼻咽喉科を受診してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする