【出産後の高血圧】 むくみの原因と症状、対策はこちら

出産後 高血圧

出産が終わってホッと一息つきたいところですが、出産後に高血圧を発症してしまう方がおられます。 そこで今回は、出産後の高血圧の原因と症状、対策をご紹介します。

スポンサーリンク

高血圧のむくみの原因とは?

出産後 高血圧

出産後に高血圧になり、むくみを起こす原因はいくつかあります。出産により多くの水分が排出されたため、出産後体は水分をためこもうとして体によけいな水分をためこみます。これが、むくみとなって現れます。

また、出産後は運動不足やホルモンの変化により、代謝が悪くなるので血液の流れが悪くなります。子育てが始まることで、睡眠不足や疲労・ストレスなどが積もっていき、ますます代謝が悪くなります。

出産後の高血圧の症状について

出産後 高血圧

出産後の高血圧の症状としては、「目がはれぽったい」「足がむくんでパンパンになり靴下がきつい」「指がむくんで指輪がきつい」などの症状があげられます。

このような症状は 生理的現象で時間とともに軽減していくことが多いのですが、高血圧が続く病的なむくみもあります。

出産後の高血圧の対策はコレ!

出産後 高血圧

「高血圧でむくみがある」「頭痛がする」という場合は、早めに病院に行くことが必要です。むくみ対策をすると むくみが改善することがあります。

クッションや座布団の上に足を置いて、床から15センチぐらい高くして横になるだけでも血液の流れがよくなりますし、産後お風呂に入れない時期には【足湯】もオススメです。バケツや洗面器にやや熱いお湯を入れて30分ぐらい足を浸します。身体がぽかぽかして血行がよくなってきますよ!

出産後 高血圧

また【むくみ対策用の靴下をはく】というのも良い方法です。着圧ソックスは血流やリンパの流れをよくしてくれるので足のむくみ対策にはとても効果があります。履くときはあまりきつすぎない靴下を利用することが大事です。

さらに食生活でも塩分を控えめにした食事をします。スナック菓子やインスタント料理は塩分がたくさん含まれているので避けるようにしましょう。

いかがでしたか? 出産後の高血圧についてご紹介しました。育児で大変だとは思いますが、お母さんの体調も大切。家族や友人にサポートしてもらいながら過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加