低血圧の原因は病気?ストレスも大きな要因に!

低血圧

皆さん、自分の体には気をつけていますか?最近ではよく低血圧について新聞や、テレビなどで取り上げられてるのをよくみます。そこで皆さんにも知ってもらいたい低血圧の原因やなった時にかかる病気などを取り上げてみます。

まず低血圧とは主にどんな症状かというと、軽いもので立ちくらみやめまい重いものだと失神などがあります。なぜこのような事が起こるのか、その原因はいろいろな事が上がります。

スポンサーリンク

低血圧の原因は?

低血圧

例えば病気が原因で低血圧になる場合があります。どんな病気かといいますと、本態性低血圧症というものがあります。

これは、急に立ち上がるなどの行動や、さまざまな検査を受けてみても原因となる病気がなく、常に血圧が低い状態を言います。 血圧が低いからといって、必ずしも自覚症状がでるわけではなく、個人差や季節による変動があります。

こういったことにならないためには、ストレスを少なくすることでかなり改善されます。怒るなどして気分が高揚したときなどには、 ストレスが一気に高まり、すぐに立ちくらみなどが起きることが多いです。

ストレスを解消するのが最適

低血圧

やはりここで大事なのが、日々の運動です。運動は一番ストレスを解消でき、かつ健康にいいので、朝のジョギングやお風呂あがりのストレッチなどストレスをなるべく抱え込まないように毎日の運動が必要不可欠のようです。

こうならない為にも日々の健康に対する気遣いが大切になってきます。もう一度自分の体を大切にし、病気等にかからない丈夫な体にしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加