高血圧には酢が効果的!酢酸やアデノシンの効果とは

高血圧の効果

高血圧とは、常時、血圧が高い、つまり血管に高い圧力がかかっている状態です。生活習慣病のひとつであり、また腎症や動脈硬化、糖尿病と言った様々な合併症を引き起こす要因でもあります。ですから健康のためには高血圧にならないこと、または、なってしまった場合も、合併症を発症させないために症状を進行させないことが必要です。

スポンサーリンク

高血圧には酢が効果的!

高血圧予防

高血圧に関しては、生活習慣、特に食事において塩分の摂取量を控えること、適度な運動習慣を持つことなどが効果的です。これ以外にも、酢が効果的だと言うことも明らかになっています。何故、高血圧に対して酢が効果的なのかと言うと、それは酢の主成分である【酢酸】にあります。

酢酸やアデノシンの効果とは?

酢の効果

酢酸は血管内に入ると細胞内でエネルギーとして使用されるのですが、その際には【アデノシン】と呼ばれる成分が発生します。このアデノシンは、血管壁にあるレセプター、受容体に結合すると、血管を拡張させる作用があることが明らかになっています。血管が拡張されると、血管に対する圧力も分散されるため、酢を摂取することは高血圧の予防や改善につながると言うわけです。

こうした酢酸やアデノシンのメカニズムは、血圧が正常な人、または低血圧な人には影響を及ぼさないことも明らかになっているので、まさに高血圧の人に適した効果と言うことできます。ただしアデノシンの働きには弱点があり、それは効き目が長続きしないと言う点です。ですから、高血圧に対する酢の力、アデノシンの力を実感し続けるためには、毎日、酢を飲み続ける必要があります。具体的には毎日 15mlのお酢を飲み続けることが有効です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする