本態性高血圧の原因や症状、食事での対策とは?

高血圧の予防法

高血圧と診断された人の約9割本態性高血圧といわれています。原因や症状についてですが、原因は基本的には不明で、遺伝的な要素と環境が関係して引き起こされるといわれています。症状や対策について見ていきましょう。

スポンサーリンク

本態性高血圧の原因は?

食事での対策

遺伝子については、なにか特定の遺伝子が作用することで本態性高血圧を引き起こしているわけではなく、複数の遺伝子が影響して発症するのではないかという見方があります。種類としては交感神経系に関わる遺伝子について、高血圧との関係が報告されています。また環境面では、塩分やアルコールの摂取のしすぎ、肥満やストレスが原因として挙げられています。

以上の要素がいくつか重なりあうことで、発症するのではないかと考えられています。

本態性高血圧の症状について

本態性高血圧の原因

次に、症状についてですが、本態性高血圧には代表するような症状はなく、頭痛や肩こり、倦怠感など様々な症状がでます。特に、発症の初期にこれらの症状が出ることが多く、無症状の場合もあります。

治療法や食事での対策は?

本態性高血圧の症状

治療の方法としては、薬物治療のほかに生活習慣を整えることで、本態性高血圧による心筋梗塞や脳卒中などのリスクを抑えます。ウォーキングなどの有酸素運動を行い、体の代謝を高め減量できると、血圧の低下に大きな効果を期待することができます。

また食事対策も重要で、減塩を行い飲酒を控えることで、血圧を下げることが可能です。飲酒については適量を飲む分には良い効果が認められているので、断酒までする必要はありません。生活の改善だけで十分な効果が得られない場合には、血圧を下げる薬を服用します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加