【高血圧】更年期の男性に多い症状とは?食事での対策について

更年期の高血圧

更年期障害は女性が多くなりますが、男性でもなることがあります。男性に多い症状のひとつである高血圧は 男性ホルモンが低下することにより自律神経がうまく働かず、血圧をコントロールできなくなるということの他、肥満が原因となっている場合があります。

糖尿病にならないためにも、管理をしっかり行う方法を続きでチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

更年期の男性に多い症状とは?

食事での対策

男性の更年期障害の症状としては女性と同じように、のぼせや汗をかくといったことの他、うつ症状が見られたり、高血圧、肥満、性機能障害などがあります。男性ホルモンが影響しているため男性ホルモンの分泌が少ない人は更年期障害を引き起こすことが多いです。

食事での対策について

更年期の男性

対策としては男性ホルモンを低下させないようストレスをため込まない、早く寝る、暴飲暴食をしないといったことの他、食事に気を配ることも大事です。食事においての注意点としては「炭水化物をとりすぎない」「脂っこいものは食べない」ということがあげられます。これは肥満防止にもなります。

とった方が良いものは食物繊維やポリフェノール、ビタミン類の抗酸化物質が豊富に含まれているものです。ブロッコリーや白菜、きゃべつなどのアブラナ科の植物には抗酸化物質が豊富に含まれているので野菜を中心に食べると良いでしょう。肥満が気になる場合はキノコ類や海藻類を取り入れるようにします。

なお和食はバランスよくいろいろな食材が含まれているため、更年期障害の緩和に良いとされています。高血圧はほっておくと心筋梗塞や脳梗塞を起こすこともあります。塩分の取り過ぎに気を付け、香辛料で味付けをするようにしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加