高血圧の対策に運動は効果的?正しい予防方法はコレ!

高血圧

高血圧の予防方法として運動することが良いと言われます。しかし、運動にも様々にありますから、高血圧を予防するには、その目的に適した運動を行うことが大切です。

スポンサーリンク

高血圧の予防方法とは?

高血圧

一般的に、運動を習慣的に行っている人は、運動不足の人よりも血圧が低い傾向にあります。その理由は、体を動かす方が酸素が沢山必要となり、必然的に血液の流れが良くなるからです。

また、体を動かし、エネルギーを消費することで、脂肪を消費することができ、動脈硬化などになりにくいため、血液が流れやすくなります。

高血圧の対策に運動は効果的?

高血圧

血液が流れにくいと、その分余計に圧力を加えなければ、体の隅々まで栄養分や酸素を届けることができなくなり、血圧が上がります。従って、高血圧の予防方法には血液を流れやすくすることが 最も効果的なのです。

そして、血液を流れやすくするためには、酸素をたくさん使う【有酸素運動】が適しています。有酸素運動を長期間繰り返して行うことで、血圧を下げる効果があります。

高血圧対策の運動について

高血圧

高血圧の心配をするほどに普段体を動かしていない人が、急に高い負荷のスポーツを始めると、高血圧の予防以前に怪我等の恐れがあります。

そのため、高血圧対策の運動として最も効果的なのは『ウォーキング』や『軽いジョギング』、或いは『ゆっくりとした水泳』を行うことなどです。また、短期間に集中して行うよりも長期間継続して行う方が、効果があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加