【高血圧】コーヒーは血圧を上げる?下げる?

高血圧

コーヒーに含まれる【カフェイン】は、血圧を上昇させる作用を持っています。

そのため、高血圧につながる危険性があるとみられてきましたが、実はその心配はないということがわかってきました。

スポンサーリンク

高血圧とコーヒーの関連について

高血圧

アメリカの男性医師について行なった30年に渡る追跡調査の結果、コーヒーを飲んでも飲まなくても高血圧の発症頻度に差は出ないということが明らかになりました。

また、同じくアメリカの看護師女性を対象に10年間調査した飲料と血圧の関係でも、コーヒーと高血圧は無関係という結果が出ています。しかも、1日3杯まではコーヒーを飲む人と飲まない人との差はありませんでしたが、1日4杯以上飲む人では高血圧になる危険性がより減る傾向が見られました。

カフェインと高血圧との因果関係は?

高血圧

またこの調査では、カフェイン抜きのコーヒーでも似た結果が出ているため、カフェインと高血圧との因果関係も否定しているといえるでしょう。

日本人については、同様な長期調査はされていませんが、一部の男性についてコーヒーと高血圧の関係を調べた調査では、飲んだ人の方が飲まない人に比べると高血圧の人の割合が少ないという結果が出ています。

コーヒーの飲みすぎには注意!

高血圧

これまで血圧が心配で控えていた人は安心して美味しいコーヒーを楽しんでください。ただし、コーヒーの飲みすぎはカフェインや糖分の過剰摂取につながりますので程よい量を心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加