貧血の症状は冷えや肩こり?運動での貧血対策について

女性の貧血

女性に多い鉄欠乏性貧血ですが、もしかしたら肩こりや冷えがその原因の一つかもしれません。ここでは、貧血の原因や運動での対策方法についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

肩こりや冷えが貧血の原因?

運動での対策

鉄欠乏性貧血はその名の通り、体内の鉄分が不足して起こる貧血です。貧血というとめまいや立ちくらみなどの症状を思い浮かべる方は多いと思いますがこれは脳貧血の症状で、鉄欠乏性貧血の場合は頭痛や身体の怠さ、動機や息切れのほかに、肩こりや冷えなどの症状が現れることもあります。

女性の場合は20代、30代、40代と年齢が上がるにつれて貧血になる割合が高く、貧血を放っておくと仕事はもちろん妊娠にも影響する可能性があるため、早めの対策が必要です。

運動での対策方法について

貧血の原因

貧血の対策として重要なのは鉄分、たんぱく質、葉酸、ビタミンB12などの成分を含む食べ物を意識的に取り入れるようにし、バランスの良い食生活を心がけることです。

また、1日20~30分程度の運動も貧血対策として非常に効果的です。運動といってもマラソンやバレーボールなどの激しい運動ではなく、ウォーキング等の軽めの運動がおすすめです。これにより、代謝がUPして血流がスムーズになります。

お仕事で忙しい方やウォーキングは続けられるか心配だという方は、階段を使うようにする・通勤時は駅まで歩くなど、日頃から身体を動かすように心がけると良いですよ。「貧血で倒れてしまった」ということがないように、ぜひ適度な運動とバランスの良い食生活を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする