早朝高血圧を下げる方法は?症状や原因について

高血圧

【早朝高血圧】とは、その名の通り早朝に血圧が上がってしまうことです。

ここでは、早朝高血圧を下げる方法や症状・原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

早朝高血圧の症状は?

高血圧

早朝高血圧の症状は、主に早朝しか血圧が上がりません。ですから一見、「大丈夫なのでは?」と勘違いしてしまう人がいるのですが、実は大きな問題があります。

早朝高血圧の原因やリスクについて

高血圧

早朝高血圧になる原因は、テレビやパソコン、携帯などは、画面から発せられる光によって寝る前に神経が興奮してしまうことにあります。

また、高血圧が原因で引き起こってしまう心筋梗塞や脳梗塞は、起床時が一番多いという統計が出ています。ですから朝に血圧が高いということは、それだけ重大な病気を発症させてしまうリスクが高いということなのです。

早朝高血圧を下げるには?

早朝高血圧を下げるにはいくつか方法があります。

具体的には、寝る30分前は神経を興奮させないことです。万が一寝る前に神経を興奮させてしまったら、軽いストレッチをして体をほぐし、リラックスさせましょう。あるいはゆったりとした音楽をかけるのも良いですね。これらを行うことで、早朝高血圧の症状に効果があります。

起床時のストレッチがオススメ!

高血圧

そして起床時は、急に布団から起きるのではなく、目を覚ましたらまず布団の中でストレッチをして血行を良くしましょう。腕や足を大きく伸ばすことによって、血圧の上昇を抑えることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加