高血圧とは?わかりやすく紹介!数値や原因について

高血圧

【高血圧】とは、常に血圧が高い状態のことを言います。人間の身体は、運動をしたり、急に寒いところへ行くなどすると、血圧が上がるようにできています。

しかしそういった一時的な血圧の上昇に関しては、高血圧とは言いません。これはあくまで、自然なことなのです。問題なのは、慢性的な血圧の上昇です。

スポンサーリンク

高血圧の原因は?

高血圧

高血圧の原因は、主に【食生活】だと言われています。

特に【塩分の摂りすぎ】がよくありません。一日の理想的な塩分の摂取目安は、6g未満だそうです。これ以上摂取してしまうと高血圧のリスクが高まります。高血糖や肥満の人は、さらに注意が必要です。

高血圧の改善方法は?

高血圧

塩分の摂りすぎが原因で高血圧になってしまった場合は、減塩をすることで血圧の数値を下げることが可能です。数値はそう簡単に落ちるものではないですが、毎日意識して続けることによって徐々に改善していきます。

高血圧の改善方法としては、たとえばしょうゆやソースを、レモンやこしょうに変えるだけでも減塩になります。

高血圧の数値について

一日の理想的な塩分の摂取目安は、【6g未満】です。減塩の方法6つはコチラ♪

高血圧

ラーメンのスープには多くの塩分が含まれているので、日頃からインスタント食品を食べている人は、間違いなく6g以上の塩分を摂取してしまっていると思います。
「ラーメンを食べるな」とは言いません。ただ、スープは半分程度か、あるいはすべて残すくらいの気持ちの方が良いです。

高血圧にならないためには、生活習慣から変えていくことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする