よもぎ蒸しが貧血に効果的!おすすめの食べ方を紹介

よもぎ蒸し 効果

よもぎはさまざまな効能があります。栄養が豊富なため飲んでも良く、つけても切り傷などに効果的で、お風呂に入れたり、香りを嗅ぐことでリラックス効果や自律神経や脳の働きを活発にし、お灸にして体を温めるなどたくさんの効果を期待することができます。よもぎ蒸しなどは韓国では古くから冷え性や不妊の改善、美容効果などを期待して行われてきています。

スポンサーリンク

よもぎ蒸しの効果

貧血 予防法

鉄分が多く含まれているため貧血に効果的なほか、タンニンが過酸化脂質の生成を抑制したり、ヒスタミンの発生を予防し、クロロフィルが血液浄化や抗アレルギー作用、免疫力強化をを行い、コリンが動脈硬化を抑制するほか、ビタミン類やカルシウムなど健康や美容に効果的な成分が多く含まれています。

よもぎを食べるのも効果的

よもぎ料理

よもぎを食べるのも効果的で、さまざまな調理法があります。食べるには新芽の柔らかい部分を選び、みずみずしい黄緑色の部分を使います。摘んできたり買ってきたら、水で綺麗に汚れを落とします。良く水を切ったら、乾燥しないように袋に入れて冷蔵庫で保管するか、一度下茹でしてから密閉袋に入れて冷凍庫で保管します。香りが強いため大量には入れないようにしましょう。

ペースト状にしたい場合には、フードプロセッサーかジューサーを使い、どちらもない場合にはみじん切りにした後、すり鉢で擦っていきます。ペースト状にしたらさまざまなものに使うことができ、餅に混ぜてよもぎ餅にしたり、饅頭にする、生クリームやオリーブオイルと混ぜてソースにしたら魚料理に加える、スープに混ぜるなどに使えます。ペーストではなくよもぎ自体を楽しみたいときには、天ぷらかおひたしがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする