【低血圧】 吐き気やめまい、頭痛の改善方法は?

低血圧 吐き気

低血圧は血圧が低いというだけのものではありません。低血圧であることに伴って、体のあちこちに辛い症状が起きてしまうこともよくあります。

例えば吐き気やめまい、頭痛がそれに当てはまります。低血圧による吐き気が起きる場合、ぜん動運動という運動力が落ちてしまっていることが考えられます。そのため通常通りの食生活だと胃がもたれて吐き気を催してしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

低血圧の改善方法は?

低血圧の改善方法

改善方法としては、一食の量を減らして食事回数を増やすということが挙げられます。そうすることで一回当たりの身体への負担を軽くします。低血圧で起きるめまいは、早朝や排尿後に起きやすいといわれています。このタイミングを特に意識しておきましょう。その他自分がめまいを起こしやすいタイミングを知っておくことで安全が保たれます。

さらに、低血圧による頭痛の改善方法には何があるでしょうか。低血圧による頭痛はその多くが午前中に置きます。朝は辛くても朝食をきちんと摂る習慣をつけ、午後以降頭痛が治まったらウォーキングや筋トレなどの適度な運動をするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする