新生児肺高血圧症とは? 原因や症状、治療について

新生児肺高血圧症の症状

新生児肺高血圧症とは、お腹の中にいる胎児や出生後に低酸素血症が起きることなどによって酸素がうまく取り入れられなくなる状態にあります。

新生児肺高血圧症の原因は肺血管系における障害だと考えられています。他の原因としては赤血球の増加によって血液の流れが悪くなったこと、先天性の横隔膜ヘルニアや新生児肺血症などが考えられます。

スポンサーリンク

新生児肺高血圧症の症状とは?

新生児肺高血圧症の治療法

新生児肺高血圧症の症状としては、ひどいチアノーゼや呼吸がうまくできないことなどが挙げられます。新生児肺高血圧症の診断方法としては、心臓超音波検査などが行われます。ストレスがかかると治療がうまくいかないため、できるだけ患者に負担がかからない治療法が優先されます。

高血圧の治療について

心臓超音波による検査

治療はNICUなどで行われ、入院の必要がある場合がほとんどです。期間は回復の程度によりますが早くても一カ月程度かかる場合が多いです。入院での治療で回復が叶わない場合、その後自宅での在宅酸素という方法がとられます。酸素が不要になるのはすぐかもしれませんし、大人になるまで必要な場合もあります。治療に寄り添う保護者の心のケアも重要になってくる病気です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加