【酢しょうが】 血圧を下げる効果や口コミ、作り方について

酢しょうが 効果

酢しょうがは簡単に作れて高い効果があり、脂肪の蓄積を抑えることができます。

酢には新陳代謝を活発にし、カロリーの消費を高める効果があるので、ダイエットに有効です。他にも血液をサラサラにする効果があるので、血圧を下げることができます。

スポンサーリンク

酢を使った高血圧対策のやり方は?

酢 高血圧

高血圧はさまざまな病気を引き起こす原因として知られていますが、その高血圧を予防・改善するには「酢」が良いと発表されています。

また、酢は高血圧だけでなくコレステロール値も下げる効果があるということで、メタボ予防にも推奨されているんですよ。

なぜ酢がいいのかですが、酢に含まれる【アデノシン】という成分が関係しているようです。このアデノシンは血管を拡張する働きがあり、血流改善に効果をもたらします。血流が良くなれば血圧も下がるというわけですね。

酢 飲み方

ではどのような方法で血圧を下げるのでしょうか?方法はとっても簡単!毎日酢を摂取するだけでOKなんですよ。毎日大さじ1杯の酢を飲んだり、料理の取り入れるだけでいいのですぐに始めることが出来ます。

ただし、効果に持続性はありません。継続して毎日摂ることが大切です。毎日と聞くと少し大変な気もしますが、大さじ1杯なら続けられそうですよね。

血圧を正常にし、コレステロールも正常になる。一石二鳥です。

スポンサーリンク

酢しょうがの簡単な作り方

⇒ 酢しょうがの作り方【動画】


酢しょうがの作り方は簡単で、しょうがをそのまま薄く切り、薄くきったしょうがを保存容器に入れ、酢をひたひたにつかるまで注ぎます。後は1晩つけるだけです。

しょうがと酢があれば、簡単に作れるので、酢タマネギより簡単に作れます。

冷え性の人には、酢しょうが入りの温かい飲み物を飲むとよく、血行不良を改善し、エネルギー代謝を高めてくれます。

酢しょうがの効果とは?

酢しょうが レシピ

生姜に含まれるジンゲロールには、血管を収縮させる働きがあるので、血管を拡張してくれます。酢しょうがを飲むと体があたたまるので、臓器が活発に働き、高血圧や動脈硬化の予防になります。

口コミでも、「酢しょうがを飲むようになってから、血圧が下がり、健康診断の結果が良好になった。」という人がいます。

1日1杯のお酢で血圧を下げることは可能なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする