グレープフルーツと高血圧の薬は相性が悪い!?注意したい飲み合わせについて

グレープフルーツ

体に良いと思っていても実は組み合わせが悪かったりするものが身の回りには結構あるんですよ。中でも薬と食べ物の相性が悪いと命に関わってくることもあるので注意が必要です。

今回はそんな相性の中でも注意して欲しい高血圧の薬とグレープフルーツについてご紹介します。知らなかったでは済まされないことなのできちんと把握しておきましょう!

スポンサーリンク

グレープフルーツが高血圧に効果的!

グレープフルーツ 高血圧

フルーツは体に良いということで毎日食べている人もいらっしゃいますよね。中でもグレープフルーツやオレンジといった柑橘類は年中食べることが出来、また食べやすさも相まって食卓に並ぶことも多いフルーツです。

中でも今回注目するのはグレープフルーツです。グレープフルーツはビタミンCが豊富で感切る柑橘類の中でもその含有量はトップです。他にもポリフェノールや食物繊維なども豊富に含まれているので手軽にたくさんの栄養が摂取出来ます。

高血圧 効果

そんな豊富な栄養素の中に「ナリギン」と「イノシトール」という成分があるのですが、これらは高血圧に効果的なんですよ。この2つの成分はコレステロールに働きかけて血液をサラサラにして血流改善に効果を発揮します。

高血圧は塩分の過剰摂取だけでなく、コレステロールの影響で血管が細くなってしまい起きる病気です。血管を細くさせないためにも血流はいつもサラサラにしておかないといけません。

高血圧が気になる人は積極的にグレープフルーツを食べるといいんですね。脂肪分を取りすぎた時にもおすすめですよ。

グレープフルーツの栄養素や効能は?

グレープフルーツの効能

グレープフルーツに含まれる栄養が他にどんな健康効果をもたらすのかを見てみましょう。

《ビタミンC》
生活習慣病の予防にビタミンCが効果的って知っていますか?83.4mg/日のビタミンCを摂取すると生活習慣病予防に効果があるとされ、グレープフルーツであれば1日1玉で摂取することが可能とあって手軽に始められますよ。

《カリウム》
カリウムはむくみを防ぐ栄養素です。体内の余分は塩分等を排出してくれるカリウムはむくみだけでなく筋力の低下も防いでくれます。

《リモネン》
主に皮に多く含まれているのですが、グレープフルーツのあの爽やかでスッキリとした香りの元になります。その効果はリラックス作用。香りが交感神経を刺激してリラックスさせてくれるんですよ。そしてリモネンに一番期待されているのは「抗がん作用」。まだ研究段階ではありますが、実用化される日が来るのもそう遠くないかも?!

《ナリギン》
ナリギンはポリフェノールの一種です。水溶性でグレープフルーツの苦味はこのナリギンによるものです。ナリギンは血液に含まれる脂肪分を分解する働きがあるので血液疾患の予防に効果的です。抗酸化作用も非常に高いので活性酸素の除去にも一役買います。

《イノシトール》
脂肪に働きかけ、血液をサラサラにしてくれます。こちらも血液疾患には非常に効果的なので動脈硬化や心筋梗塞といった怖い病気を予防出来ます。また脳にも良い影響を与えたり、抜け毛を防いでくれます。

《ペクチン》
ペクチンは水溶性の食物繊維です。コレステロールを減少させ、脂肪の吸収を阻害します。他にも糖質にも働きますので血糖値の上昇を抑えるなど、糖尿病の予防にも効果的ですよ。

高血圧の薬との併用は危険!

高血圧の薬

高血圧予防にグレープフルーツは最適なフルーツなのですが、すでに高血圧の治療の為に薬を飲んでいる場合は注意が必要です。

高血圧の薬はたくさんありますが、カルシウム拮抗剤というものには特に注意してください。カルシウム拮抗剤というのは血管の筋肉を緩めて血管を広げ、血圧が下げる作用があります。

薬というのは大半が胃腸で消化・吸収されます。そして一部肝臓などで代謝して薄くなります。カルシウム拮抗剤も肝臓で代謝されることを計算して作られています。そのため薬の成分は強めに作られます。

肝臓の代謝

そしてグレープフルーツですが、肝臓の代謝を阻害する成分が含まれているんです。ということは本来ちょうどいい効き目で作られていた薬が、グレープフルーツの成分によっていつもより強力に効いてしまうということです。

必要以上に血圧を下げるとめまいや動悸の他に、心拍が上昇したり酷くなると命の危険にも繋がります。全てが全てこのような危険があるわけではありませんが、多くの薬では注意が必要です。

注意したい高血圧の薬の飲み合わせについて

薬の飲み合わせ

グレープフルーツは他にも飲み合わせに気をつけたい薬がいくつかありますのでご紹介しますね。理由はカルシウム拮抗剤と同じです。下記の薬を飲んでいる人は注意してください。

  • 免疫抑制剤
  • 抗てんかん薬
  • 睡眠薬
  • 高脂血症薬  など

全部が全部副作用があるわけではありません。大丈夫なものも中にはあります。ですがカルシウム拮抗剤と同じで命に関わる場合があります。

体に良かれと思ってしたことが命を脅かすことがあるなんて怖いですね。身近にあるグレープフルーツが人によっては脅威になるということを知っておくことは大切です。

万が一誤って併用してしまったら、すぐにグレープフルーツを食べるのはやめて安静にし注意しておきましょう。酷くなるようであればすぐに病院へ行くようにしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする