「血圧が急上昇する」瞬間は○○だった!高血圧を防ぐ対策法を紹介!

血圧が高い

血圧が高いとさまざまな病気の引き金になることは、多くの方がご存知だと思います。

また、冬場は血圧が上がりやすいので、もともと高血圧の人もそうでない人も気をつけた方がいい季節です。

今回は、血圧が急上昇する場面や対策をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

一般的な血圧の正常値とは?

血圧 正常値

血圧というのは、年代や性別によって平均値が変わります。そしてその数値によって分類分けされます。

正常であれば「正常域血圧」といい、その中でも至適血圧(してきけつあつ)と正常血圧、正常高値血圧と実は細かく分類されているんですよ。

ですので正常域血圧でも正常高値血圧に当てはまる場合は注意が必要になります。では実際の数値を見てみましょう。

低血圧・・・100以下/60以下
至適血圧・・・120未満/80未満
正常血圧・・・120~129/80~84
正常高値血圧・・・130~139/85~89
高血圧・・・140以上/90以下

上記数値はあくまで一般的なものになります。

血圧というのは測る場所や時間によっても変動してしまうもの。とはいえ毎日同じ時間に測り、自分の平均値を出して一度比較してみることは大切です。

スポンサーリンク

血圧が急上昇する15の場面とは?

血圧 寝起き

次は日々の生活で血圧が急上昇してしまう場面をご紹介します。朝・昼・晩に分け、それぞれ気をつける場面をご紹介していきます。

・洗面所で顔を洗う<朝>
朝起きてまず顔を洗いますが、この時に冷たい水が顔に当たることで血圧が上昇します。これは寒暖差によるもので、血管が収縮してしまうから。朝の洗顔はぬるま湯で顔を洗ったり、温めたタオルで拭くなど寒暖差が出ないようにしてください。

・起きてすぐに布団から出る<朝>
目が覚めてすぐに布団が出ると血管が縮んでしまいます。すると体温を上げるために血圧が急上昇します。すぐに布団から出るのではなく、布団に入ったまま背伸びを3回ほどしてから出ましょう。

・トイレで力む<朝>
トイレで力むというのは血圧上昇に繋がります。便秘解消の為にも食物繊維を多く摂り、運動も取り入れましょう。

・急いで家を出る<朝>
こちらも寒暖差による血圧の上昇です。

・満員電車<朝>
満員電車というのは精神的なストレスを強く感じ、血圧に影響します。知らず知らずのうちに血圧が急上昇しているんですよ。とはいえ仕事や学校などで仕方がないものですよね。なるべくリラックス出来るよう音楽を聴くなどしてください。

血圧 ストレス

ミスをして焦る<昼>
仕事などでミスをすると焦りますよね。すると脳がストレスを感じ血圧が上昇します。

・塩分の多い食事<昼>
昼間は外食で済ませる人も多いですが、塩分には注意してください。塩分は血圧上昇の天敵です。予防にオレンジジュースを飲むといいのだとか。トマトジュースやグレープフルーツジュース、牛乳でも大丈夫ですよ。冬場のオススメは甘酒。体も温めてくれるので一石二鳥!

・信号待ち<昼>
運転中の信号待ちでイライラしていませんか?イライラは血圧上昇に繋がります。

・子供を叱る<昼>
叱るというのは興奮状態にあります。興奮しすぎは血圧上昇になりますよ。叱る前に5秒待ってみてましょう。この5秒で少し気持ちが落ち着きます。

・歯医者さんでの治療<昼>
歯医者ってなんであんなに緊張するのでしょうね。この緊張が血圧に影響を及ぼします。心臓がバクバクすると血圧が上昇します。人によっては72も数値が上がるほど。難しいかもしれませんが、緊張しすぎないようにしましょう。

血圧 お風呂

・風呂上り<夜>
温かい浴室から寒い脱衣所に出ると寒暖差によって血圧が上昇します。冬場によく起きる症状でヒートアタックといいます。心筋梗塞などを起こすこともあるので危険です。なるべく寒暖差が出ないように脱衣場にヒーターを置くなどしましょう。

・飲酒<夜>
お酒の飲みすぎは血圧を上昇させます。

・パソコンの画面を見る<夜>
実はパソコンやスマホから出るブルーライトは脳を刺激します。すると血圧が上昇します。長時間の使用は控えましょう。

・ゲームに熱中する<夜>
ゲームで熱中するのも血圧上昇の原因になります。興奮しすぎはよくないということですね。

・カラオケ<夜>
ストレス発散などでカラオケに行くとすっきりしますよね。ですが大声で歌う、お酒を飲む、盛り上がる、おつまみを食べるといった複合的な行動で血圧が急上昇します。

スポンサーリンク

血圧の急上昇を防ぐ体操のやり方

血圧 ふくらはぎ

血圧が急上昇すると命に関わることもあります。生活習慣を見直して日ごろから高血圧予防をするようにしましょう。

まず、椅子に座ってふくらはぎを足首からひざの裏辺りまで揉みます。これを1日に10往復を目安に行ってください。体操というよりマッサージに近いですね。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われるほど大事な場所。ここを揉むことで体全体の血流が良くなり、結果血圧の急上昇を予防することが出来ます。

スクワットでも同様の効果が得られますよ。

血圧を下げる意外な食べ物3選

血圧 食事

血圧を下げるというと塩分を控える、運動をするといったことが思い浮かびますよね。実は意外な食べ物・飲み物が血圧を下げる効果があるんだそうです。一体なんなんでしょうか?

①チョコレート

チョコレートに含まれるカカオに血圧を下げる効果があります。カカオにはエピカテキンというポリフェノールが含まれていて、このポリフェノールが働きかけるんだそうです。

ただ、どんなチョコレートでもいいかというとちょっと違います。カカオが多く含まれるビターやブラックなどにしてくださいね。

②100%オレンジジュース

血圧を下げる効果があるだけでなく、心臓病やガンの抑制にも効果があるんだとか!

③コーヒー

カフェインは血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになれば血流改善になり、血圧上昇の予防にも繋がります。他にも糖尿病や肝臓にも働きかけるそうです。

これらの食べ物・飲み物がいくら効果があるといっても、食べ過ぎ飲みすぎはよくありません。何事もほどほどに取り入れるようにしてくださいね。

血圧上昇は心筋梗塞や脳梗塞といった怖い病気を引き起こしかねません。予防出来るのであればしておきたいもの。

冬場はどんな人も寒暖差によって血圧が急上昇してしまいます。ちょっとしたことが予防になりますので、ぜひ取り入れて防ぎましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする